角質細胞拍子脂質は水を持ち合わせる親水基と脂質としての気質を持つ父兄油基があります

水分範疇と脂質の範疇が交互に被さる形の結果、脂質二重層状構造(ラメラ構造)となり、上の図版のように水を挟み込んでいます。

水分範疇と脂質範疇が交互にあることで、なんだか水も漏らさぬフニャフニャ防衛バリアになっている目論見です。また比熱のおっきい水分範疇は、温冷圧力に対しても、際立つバッファとなります。

こういう水と脂がキレイに並んだラメラ構造が崩れてしまうと、水分が抜けやすくなる。乾燥しやすい肌や敏感肌の皆さんはラメラ構造を整えて保湿することがポイントです。

角質細胞拍子脂質はケラチノサイトの置き場化の過程で仕上がる脂質で、その成分はスフィンゴ脂質の友人「セラミド系統」が半分を占め、遊離脂肪酸、コレステロール、コレステロールエステルなど複数の脂質で組成されています。

セラミドには6つの部類があります。保湿に縁あるのは部類2と部類1で、部類2のセラミドは水分を保持する責任を担っています。角質範疇の気質の一門支障としての能力をしていると考えられている部類1のセラミドは、肝心脂肪酸のリノール酸が含まれています。リノール酸を消した食物を与えられたアニマル試験では、リノール酸の代わりに非肝心脂肪酸がセラミドにある結果、すごい支障障害を引き起こすと報告されています。Vitaktは毛穴の開き効果抜群