キレイな肌の代名詞とも呼べる「赤ん坊の肌」

赤ん坊やこどもの肌はみずみずしく、はりも十分にあります。あんな肌に多少なりとも飛びつくために遂行望むのが保湿ケア。肌の保湿力を上げて憧れのキレイな肌を目指しましょう。

潤っている肌は外からの触発を受けない

水分をたっぷりと蓄えて要る肌は、公が緻密ではりもあります。チリやホコリといった外部からの多少の触発にも影響を受けません。新陳代謝がアクティブであれば肌はアッという間に生まれ変わり、ダメージを受けてもアッという間に回復することができます。

そういう強くてキレイな肌のベースとなるのは、さすが保湿。外側刺激から肌を守り、内部の水分の蒸発を防ぐ壁作動は、潤いによって支えられてある。

肌の水分は角質層の「皮脂膜」「NMF(天然保湿原因)」「細胞日数脂質」の3つによって守られてある。こういう3つのモイスチャーバランスを正常に保つことが肌の潤いをキープするポイントとなります。

「洗った分だけ補う」が土台

昔は何もしなくても、ベストな状態で保ていたこういう3つのバランス。残念なことに年齢を続けるにつれて、自力では難しくなってしまう。

一際顔つきの皮膚は常に外気にさらされているため、外気の乾燥やUV、ホコリや花粉などによる染み、そしてメイクとさまざまな触発を受け続け、被害を感じやすい部分です。また、ストレスや疲れなどの影響でも潤いは失われていきます。ヴァーナルの悪評について考える