キッズモデル・子役タレントになるために! 《counter minds》

キッズモデル・子役タレントになるためのQ&A

 

レッスンがある養成所、もしくは登録制のプロダクション、といろいろありますが、まずはどこからはじめたらいいのでしょうか?

これはどちらが良いとは、言えません。レッスンガール養成所やプロダクションの場合は、入学金と月々のレッスン料がかかります。入学金だけでも20万円から30万以上もしますし、それだけでも大変だと思います。ですがその分、レッスンはとてもしっかりした内容で行われています。一流の先生たちが集まった指導は、挨拶や立ち振る舞いなどの礼儀作法、台詞回しや演技、そしてダンス、など養成所もしくは劇団ならではのレッスンを受けることができます。プロダクションの場合は、定期的に通う必要がないので働く母親のいる家庭や、遠方の子には向いていますね。

 

養成所や劇団などに通おうと思っていますが、レッスン以外にやっておいた方がいいこと、習っておいたほうがいい事はありますか?

習い事ならどんな事でもいいと思いますよ。その中でも、特にスポーツ系はお勧めです。体を動かすことで体が丈夫になりますし、人との協調性も増します。逆に、毎日色々な習い事をするくらいなら、いろいろなオーディションに挑戦してみてもいいのではないでしょうか。初めの頃は色々と経験を積むことで、それだけでもいろいろなことを体験することができます。

 

言葉が理解できるキッズとは違い、ベビーの場合はなかなか大人の思い通りにはなりません。そんなベビーを専門にしたスクールがあります。そこでのオーディションを後1カ月後に控えたベビーの1日を追ってみましょう。

 

オークションの1ヶ月前の日に、書類検査用写真撮影会と、リトミックを用いたレッスンが行われました。この日の撮影は14人です。プロのカメラマンによる撮影会は、とても自然な表情をキャッチするために野外の公園で行いました。初めは「どんな事始まるのだろう・・・」とベビーたちもちょっと不安そうな顔をしていました。おもちゃや公園の遊具で遊んでリラックスしてから、シャッターチャンスを狙います。体を動かしているうちに、だんだんといつものスマイルができました。このように和やかな雰囲気の中で、のびのびと時間は過ぎていきました。

 

そしてその後はスタジオでリトミックです。先生による的確な指導が要所要所で入って、ママさんたちの士気も上がってきます。まずは挨拶です。きゅママさん達がお手本となって大きな声で「よろしくお願いしま〜す」と。音楽に合わせて手拍子をしながらダンスなどもしました。レッスンは強制的にするのではなく、「楽しいもの」と捉えることが、合格の1番の近道のようです!

 

オーディションは無料でしたが、学校入るのにお金が高額でびっくりしました

遊びに行った場所でイベント内にプロダクションのブースがありました。その時声をかけられて無料でオーディションを受けることになりました。写真を撮影してもらって、応募書類に記入をして、それが第一次審査でした。数日経ったら合格通知が届いて喜んでいたのですが、ネットで調べたら学校に入るだけで入学金がすごく高いことでびっくりしました。ですので、学校に入るか入らないかは主人と真剣に決めたいなぁと思っています。
窪田ミナちゃん 1歳3ヶ月

 

オーディションの時間と昼寝の時間が重ならないように!

一才3ヶ月の時にとても人気があるキッズ番組のオーディションを受けることになりました。うちの子供は、その番組がすごく好きで家ではいつも楽しそうに踊っていたので、できればこの番組に出演させてあげたいなぁと思っていたのです。オーディションの時に子供のご機嫌がいちばんいい状態になるように、何日か前からお昼寝の時間に気をつけることにしています。
井上ゆうなちゃん 1歳9ヶ月

 

自然な笑顔写真で、ありのままの自分を記載して書類合格しました

可愛い盛りの今を記念に残しておきたいと思って、とても有名なテアトルアカデミーの子供オーディションを受けることにしました。まず書類審査では、子供の飾られない日常生活のままの写真を撮って応募してみました。そうすると無事合格できたのです!今度は第二次審査があるのでそれに向けて頑張ってきたいと思います。
大久保ふうかちゃん 1歳1ヶ月

やっぱり養成所に通ってから有名な事務所に所属しないと、仕事はこないのでしょうか?

赤ちゃん&キッズの場合は、一般公募のオーディションはそんなにおおくはありませんが、場所によってはいろんなところで行っていることもあります。実際に雑誌やカタログなどのモデルは、一般公募からのオーディションから選んでいるのがほとんどなんですよ。皆さんご存知の育児雑誌の「ベビモ」の表紙の赤ちゃん達も、一般応募のベビーから選ばれているんですよ。これは、質問者の言う「仕事!?」ではないかもしれませんが、様々な仕事がありますよ。

 

母親が仕事をしていると、子役活動はできないのでしょうか?

赤ちゃんの場合は、お母さん・お父さん、おばあちゃん・おじいちゃんなどの保護者がつきそうケースがほとんどです。母親が育児休暇中なら大丈夫だとは思いますが、やはり仕事をしている家庭の場合は難しいですね。キッズくらいになれば、知人などでも大丈夫のようです。ですが、キッズ・子役・赤ちゃんの場合は、マネージャーがいませんので、仕事場に送るにも保護者が送らなければなりません。実際に母親が仕事をしている場合(もちろん父親も仕事をしている場合)は、子役活動を続けるのは簡単なことではないでしょう。